KAMIKAZEのオフィシャルブログ 【Mr.ムーンサルト KAMIKAZE】 powered by ZERO1

ZERO1

2010年05月23日

そして巡り合い

NEC_0019.jpg今ZERO1には、日高選手の師匠であるFUNAKI選手が参戦している。

日高選手はもちろん、大谷社長や他の選手なども、FUNAKI選手と

何らかのからみやつながりがあったり、思い出があったりしている。

実は俺もFUNAKI選手には一つの思いがあった。それは今から16年以上前…

新日本プロレスで行われた『スーパーJr.タッグリーグ』に参戦していた俺とFUNAKI選手。

強者揃いのリーグ戦、唯一、俺らの勝ち星はFUNAKI組からもぎ取ったものだった。

しかし、


闘わずして……


当然、両組納得などいくわけがない。闘っていないのに点が動いたのだから。

あれから16年…

先日、ようやくFUNAKI選手と闘う事ができた。むかいあった時、

若かったお互いのあの頃の姿が脳裏をよぎって、少し淋しさを感じた。



『あの時も闘いたかった…』



でも、ロックアップした瞬間、淋しさも嬉しさに変わり、FUNAKI選手とのレスリングを楽しんでいた。

FUNAKI選手はどう思ったかはわからないが、『プロレスを楽しみたい!』

そんな気持ちがこみあげてきて、レスリングのできる喜びを感じていた。

16年は長かったが、

やはり俺とFUNAKI選手は、肌を合わせなければならない運命だったのだ。

実は、FUNAKI選手と俺の本名の下の名前は一緒なのだ。

要するに、俺も『ショーン』なわけだ。

だから、俺も明日から『ショーンキャプチャー』を使わせてもらおうと思う。

十分にその権利はある。

元祖なのか、本家なのか、はたまた、ただのパクリなのかわからんが、

『俺の』ショーンキャプチャーが火を噴く日も近いかも……(笑)

とにかく、これで16年のモヤモヤ、いや、モヤくらいは取れましたかね。

またプロレスをしましょう!

今度はじっくりと。



16年とゆう時の流れに感謝。
posted by KAMIKAZE at 23:04| 日記
spacer.gif